この秋はコーラス活動がメイン(?)

この秋はコーラス活動がメイン(?)

2010年12月20日(月) 更新

この秋はコーラス活動がメイン(?)になっていました。

芸術の秋は歌の季節でもありました。

今年明治神宮が鎮座90周年という年で、

そのお祝いの曲を宇崎と阿木がかかせていただきました。

タイトルは「優しさつながり」です。

歌うのは宇崎と「ひふみレインボー」でした。

お話を頂いてから発表までは時間がありましたが、CDにするということで、コーラスの練習が猛烈社員並みのスケジュールになりました。

CDの録音、10月19日の記念祝賀会での発表、11月1日には明治神宮の境内のお参りする場所で、歌を披露いたしました。

夜の時間、明治神宮が明かりにつつまれる中、おごそかな雰囲気の中で、しかも外で、空に向かっての合唱。歌っている方は気持よく歌えたようです。

それが終わると今度は11月10日に長岡での「音楽の夕べ」という新潟県教職員互助会が主宰するコンサートに出かけました。

宇崎と阿木がプロデュースする内容のコンサートでひふみレインボーとフラメンコのジョイントのコーナー、フラメンコがコーラスをバックに踊るという場面もあり、盛り上がったコンサートでした。

そして11月23日は研ナオコさんのバックで歌うという経験もありました。

宇崎と阿木が研ナオコさんにかいた「弥生」という曲にコーラスでひふみレインボー(女性だけ)が参加しました。

12月3日は九段会館ホールで観月環さんのイベントにも参加して3曲を歌いました。

そんな様々な経験をしてきました。

私達スタッフも「ひふみレインボー」に参加しています。仕事より歌(?)の練習に参加することがメインの日々でした。

とにかくすごい練習スケジュールでしたが、歌っている時は楽しかったですよ。

という感じの秋でした。

紅葉の美しさに心が動いたのは12月に入ってからでした。

この秋はコーラス活動がメイン(?) の写真1

この秋はコーラス活動がメイン(?) の写真2