桜前線紀 その3

桜前線紀 その3

2009年5月8日(金) 更新

平安神宮の桜が、と阿木から電話が入ったのは4月13日。

再び今度は一人で訪れている、京都からの電話でした。

東京では八重桜へと見頃が移り変わり始めたこの頃、京都では今度こそしだれ桜が見頃。

金閣寺と御室の間にある原谷苑へ足を伸ばした阿木は、求めていた「紅しだれ」を満喫。以前取材で訪れたことがあった、と思い出したマネージャーも、かなり昔に訪れたその場所の、「紅しだれ」が見事だったことは覚えていたほど。

鮮やか過ぎるほどの桃色に目を奪われたと。

求めた桜を追いかけての京都からの2度目の電話が、電話越しに共にした、阿木との桜前線紀の締めくくりとなりました。